home > news

news

2019.05.21

新スタジオオープンのお知らせ

IMG_0769 (3).jpg

私たちは現在、松本城の東、城東地区に新しいスタジオを作っています。

昨年末からご縁がつながり、いつかはこのような場所づくりがしたいと思っていた
理想のような物件と、オーナー様に出会うことができました。
その後、構想を練り、デザインを進め、いろいろな方にアドバイスをいただきながら
ようやく形になり始めました。

当初から、出来上がったものを見ていただくだけではなくて
実際にここで設計がはじまり、製作を経てから出来上がっていく、
そんな生々しい場所になるんじゃないかなという予感をもちながら
スタジオ、という呼び名がちょうどいいんじゃないかな、などと話しながら
スタッフ一同、この場所のリノベーションに取り組みました。

床板の一枚一枚、天井の木目のひとつひとつに
実際に触れながら解体をし、その過程で思ったことを大切にしながら
新しい場所に仕立てていく作業は、いま思い出しても貴重な体験でした。
受け継ぎ、使い、残していくこと。大げさに言えばそういうことだけれども
もっとダイレクトに、51年前にここを新築したときの関係者の声が聞こえてきそうな
そんな時間だったように思います。
自分たちでできないことは無理をせず、プロにお願いをして仕上げてもらったのも
なんとなく、プロの仕事に敬意を払いたいくて、という気持ちがあったからかもしれません。

賃貸だからこそ、ここは自分たちのものではないんだという謙虚な気持ちになれます。
古い医院の建築は、入居する僕たちよりも遥かに地域とのつながりが強いと感じます。
そのバランスをきちんと捉えて、この場所を借りたいと思ったので
退去するときのことも実はすごく考えていて、大家さんにお戻しできるように
デザインをしてあります。それが僕たちなりの、「好きなようにやってください」という
大家さんの言葉への回答だと思ってきました。


リノベーションの時間が過ぎて、いよいよこれから、ここを拠点にあたらしい活動をしていく。

「城東スタジオ」は、デザインや打ち合わせなど仕事のいろいろな業務をする場所でもあり、
キッチンや家具を展示してその素材や機能に触れていただく場所でもある、
僕たちの新しいアジトのような場所になります。


これから始まるわたしたちの新しい活動。
そのスタートとして24日に友人のギャラリーを招いて企画展示を開催します。

国内外のちょっと不思議な手仕事を紹介してくれるQueue。
僕が幼少を過ごした鎌倉の、江ノ電の線路の脇の店舗から、
コンクリートを使ったポルトガルのオブジェ、ポーランドのジュエリー、
そして日本からは素敵なビーズのバッグなどなど、
楽しげで、自由で、でも一筋縄ではいかないような美しいものを持ってきてくれます。
ユニークなゲストのジョイントも決まり、オープニングを待ち遠しく準備しています。


みなさまにもきていただけると嬉しいです。心よりお待ちしています。

企画展示 Queue
5月24日(金) - 27日(月)
10時〜17時 会期中無休
atelier m4 城東スタジオ
松本市城東2-8-2 2階
0263-74-0088

2018.10.09

安曇野アートヒルズミュージアムさまにて

DSCF3168.jpg

安曇野アートヒルズミュージアムさんが今年始めて開催された「アートヒルズ安曇野マーケット」。そちらでつかう出展用にと、私どもの組立式テントを採用していただきました。


DSCF3176.jpg
今年5月に松本市本町商店街さんが採用してくださったのと同じタイプ。カラマツのフレームに、白いビニル製の屋根と側面の幕によって構成されていて、工具なしで簡単に組立可能です。


DSCF3184.jpg
会期中は20台のテントが安曇野の青空にカラマツの色が映えて、とても良い景色になっていたように思います。主催者のアートヒルズさんにも喜んでいただき、出展者さまにもお褒め頂き、大変うれしい秋のイベントになりました。

2018.09.28

オリジナルのキッチン制作を始めます。

DSCF0471.jpg

肌寒い曇り空が続き、すっかり秋めいてきた松本です。今年の秋冬にかけて、来年の春にむけて、スケジュールを確認しながら仕事をすすめていきますが、いくつものワクワクするような制作がつづき本当にありがたく思っています。それぞれにしっかりと情熱を注ぎながら向き合っていこうと考えています。そして、ひとつひとつの制作に加えて、2019年からm4はキッチン制作にエネルギーを注いでいこうと準備しています。



DSCF0412.jpg
m4 kitchen / ウッドワークトップ(ウェスタンレッドシダー・ラフソーン+浮造り仕上)

キッチンは暮らしの中心にある大切な空間だと考えきた私たちは、これまでにもいくつものキッチン制作をさせていただきました。それらの経験を踏まえて、機能的で情緒にもあふれるような、魅力あるキッチンのご提案をしたいと考えています。システムキッチンや既製品、DIY、あるいは家具作家の一点物という既存の商材の隙間に、ひっそりと、けれど私たちでしかつくれないようなキッチンが選択肢のひとつとして考えていただけるようなればと願っています。



DSCF7658.jpg
m4 kitchen / メタルワークトップ(アルミニウム鍛造)

私たちは昨年、パドルというダイニングテーブルのシリーズの制作を始めました。フルオーダーのテーブルにくわえて、3種類の形、2種類のフレームデザイン、いくつかのサイズから選んでいただくこのテーブルは、おかげさまでこれまでに多くのお客様がお使いくださっています。キッチンではレールシステムなどの家具金物や、異素材の天板素材を扱いながら、自由度の高い設計システムを準備してお客様それぞれのキッチンライフを充実したものにできるような提案をしたいと思っています。



DSCF2820.jpg
m4 kitchen / 左官ワークトップ(モールテックス・ダークグレー)

全て木製が最善とは考えない。これが、レザーや金属などさまざまな適材をとりいれたデザインに取り組んできた私たちのキッチン制作のビジョンです。これまでにおつきあいいただいたいくつもの協力会社との連携から、最善の仕様が導けるように準備ができています。旧知の仲である左官職人とは共に仕事に取り組んできた実績があり、美しい左官仕上げの天板を作る事が可能になりました。家具金物についても、これまでの制作で取り扱ってきた信頼あるメーカーさんのものを採用します。キッチンの収納についてのリクエストは千差万別。また、家具金物の進歩も目まぐるしいスピードです。実用的な設計のために常に先端のメーカーさんの協力を得ながら最適な提案ができるような体制も整えました。



DSCF2805.jpg

これまでm4が培ってきた無垢木材を扱う知識、お客様の要望から導き出す最善の設計。それらの経験を活かしてキッチン制作に取り組むことを楽しみながら準備してきました。もちろん、地域の木材を採用することもご提案していきます。幸いなことに、来年から事例も増えていくことになりそうです。その都度ご紹介をしてまいりますので、ぜひご覧いただきますようお願いいたします。もちろん、新築やリフォームでのキッチン制作のご相談も心よりお待ちしております。





2018.09.12

県産材利用推進木造セミナーに参加します

明日は長野県森林整備加速化・林業再生協議会の主催による公開講座に参加して
私達の家具についての取り組みをお話させていただきます。

この企画は長野県建築士会が事務局の信州木造塾とタイアップされたもので
主に建築士さん向けの講座ですが、住宅における家具も木材利用をしているということで
設計士の宮坂さんの建築事例の後に、少し事例を紹介させていただきます。

建築の事例としては構造材としての利用を中心としたお話が聞けるそうです。
定員まではもう少し空席があるそうなので、ぜひご参加いただければと思います。


H30公開講座チラシ(最終版).jpg


2018.07.11

ソマミチツアーが atelier m4 で開催されます。

ソマミチツアー2018_m4_top.jpg


木をつかう社会の仕組みを作る、が合言葉の一般社団法人ソマミチが開催するソマミチツアー。
今回はatelier m4 inc.を訪ね、カラマツをつかった家具について、知っていただきます。ツアーの前半は工房周辺のカラマツ林、製作工程やカラマツ利用のノウハウを、後半は代表前田大作の「家具実験所兼自宅」へ移動して実際のカラマツ家具をご覧いただきます。

このツアーは、特に設計士さんや工務店さん、カラマツ家具の購入を検討されるユーザーさんのために企画しました。カラマツの木工に取り組んで10年を経たm4が、近年実践しているカラマツの使い方、事例、クライアントの反応などをお話しますので、新しい針葉樹利用の時代への道筋について共に考えていただけたらと思います。

>>>申し込みはこちらから   info@atelier-m4.com


ツアーの切り口は主に4つ。

①わざわざカラマツを利用する意味。
加工しづらいカラマツ材を使う意味とはなんでしょうか。ここ数年、ナラなどの良材が枯渇し家具用国産広葉樹の入手が困難になりました。そのため全国各地で国産針葉樹の家具づくりがトレンドとなり、信州でもカラマツの家具利用について取り組む時期がきています。

②カラマツの欠点の解決方法の現在。
カラマツの利用を経験されたことのある方ほど、ソリやヤニに苦労して「嫌な過去」をお持ちではないでしょうか。現在、高齢カラマツの増加と乾燥技術により状況は改善されています。このツアーでは最新のカラマツ利用例について知っていただきます。

③カラマツを選ぶことから始まる話。
建築空間において、設計や素材と同じように家具や什器の選定にも意味があります。最近ではユーザーの素材への関心も強く、ダイニングテーブルやキッチンなどの家具には素材や背景への想いを象徴的に表現する役割も期待できます。

④カラマツ作られた最新の空間事例。
ダイニング、リビング、キッチン、ベッドなどの家具に始まり、フローリング材、外壁材、構造材に及ぶまで。m4代表前田大作の自邸(設計:田辺雄之 2016年グッドデザイン賞受賞)はカラマツ利用の実験施設。ツアー後半にご案内いたします。


このツアーはm4の前田の他、ソマミチから原薫さん、香山由人さん、宮坂直志さん、山本寛之さんがご案内します。林業者、設計者からみたカラマツ家具。atelier m4とは?ぜひご参加いただければと思います。

>>>申し込みはこちらから   info@atelier-m4.com


ソマミチツアー2018_m4_3a.jpgソマミチツアー2018_m4_3b.jpg






1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11   


PAGE TOP