home > news

news

2012.12.05

ダイニングテーブルを制作しました。美しいタモ材の150cm×90cmの天板を、シンプルな構造の脚で高さ65cmに支えています。

IMG_9351_web.jpg

美しいタモ材でダイニングテーブルを制作しました。

使い勝手とバランスにはこだわったスクエアでシンプルなフォルム。
素材はすべて素朴なものを選び
淡々と、けれど確かに手仕事で作りました。

時代の転換期。
こういった家具の成り立ちを
これからもっと大切にしていきたいと感じています。






IMG_9346_web.jpg


タモ材の魅力は、手鉋で仕上げて
丁寧にオイルで拭き上げると、際立ちます。
家具材としては一般的ですが
手間を惜しまずつきあうことで
驚くような表情に変化することも、また私たちの誇りです。







IMG_9354_web.jpg

ダイニングテーブル2012(タモ材)
材:タモ材(手鉋・オイルフィニッシュ)
金物:無垢鉄材(絹拭き色)
サイズ:1500×900mm(高650mm) どのような大きさにもサイズオーダー可能です。
価格:150,000-(消費税・配送料別)




2012.12.03

12月になりました。師走。制作に追われる日々に,感謝しています。

IMG_2093_2.jpg

秋頃から覚悟はしていたもののあっという間に12月。
そしてきっとこれからの1ヶ月もあっという間にすぎてしまうのでしょうね。

師走になって既に2回も雪がつもり、工房はすっかり冬になりました。
薪ストーブのあたたかさ、炭のはぜる音、目もくらむようなまぶしさの雪と青空。
これからまた、標高1350米ならではの世界で美しい季節を過ごしたいと思います。

現在工房ではいくつものテーブルを制作させていただいています。
写真は、週末に発送させていただいた「天板」の2枚。
美しいカラマツと、味わいのあるナラで全く同じサイズの板を制作しました。

これはじつはテーブルではなく、天板のみ。
撮影用備品として制作させていただきました。


IMG_2096.jpg


2012.11.16

制作が続いています。小さな物は、本当に小さい。大好きな梅材の簪(カンザシ)。

IMG_1898.jpg

こちらの準備が足りなくて、お待たせしてしまっている制作もあります。
スケッチや制作で試行錯誤が重なって、材料選びで逡巡して
時間がかかってしまうのです。

写真は、簪(かんざし)の木取り。僕が大好きな梅の木です。
木目、色、固さ、あたたかさ...いつも惚れ惚れとしてしまいます。

簪ははじめて作らせていただく品物。
日頃、身につけるものを作りたいと思っていたので
そうか、これか、と胸をおどらせて作っています。
問題は、自分がいちども使った事がないという事実。
使う方のお話を伺いながら、進めています。





2012.11.06

市民祭でのワークショップ、無事に終了いたしました。

IMG_9084.jpg

3年間続いた、松本市民祭でのワークショップ。
無事に終了をいたしました。
今年は61膳のお箸が、それぞれの方の手で作られていきました。
お子様連れの方も多く、信州の木がこのように地元で使われていくこと
とても嬉しく思います。

工房での修行がまもなく終わる河野さんと藤原さん。
準備から片付けまで、ばっちり運営をしていただきました。
木が育ち、職人も育てられる。

工房の秋は、とても充実しています。




2012.10.30

「スタッフ募集」「前田大作弟子募集」の説明会を開催します。

IMG_1600.jpg

m4スタッフ、および、前田大作弟子募集についての
お問い合わせを頂きありがとうございます。

お問い合わせを多く頂いているため
下記日程にて説明会を開催いたします。
御興味をお持ちの方は是非この機会においでください。


___________________________
atelier m4 スタッフ、前田大作弟子についての説明会

atelier m4の新規採用と前田大作の弟子について応募を検討される方を対象に
工房や仕事の内容などについてご説明をいたします。

日時:2012年11月17日(土)14時〜(1時間程度)
※資料を準備する都合上、事前にお申し込みをお願いします。
___________________________


«  前へ   5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15   


PAGE TOP