home > news

news

2012.01.23

数年振りの雪の工房となりました。

IMG_4448.jpg

先週末から断続的に降っている雪が積もり
工房は久しぶりの雪景色です。

今週も引き続き制作をしてまいります。



2012.01.20

貴重な材の端材も活かしながら、小箱の制作をはじめました。

IMG_4436.jpg

昨年もつくらせていただいた
ジュエリーサロン鶴さまにお納めするジュエリーボックス。
本年も御注文いただき
市内の方との本当に嬉しい、コラボレーションが継続しています。

今回は楢、栗を中心にあたらしく桜や欅でも試しています。
和光展の時にでた良材の端材を大切に、この時のためにとっておきましたので
できあがりが本当に楽しみです。

前回、ご希望も多かったので
今回は多めにつくり、私どもでも販売をさせていただく予定です。
もちろん、ジュエリーサロン鶴さまで信州の風土をモチーフにしたジュエリー、
しなのシリーズを御購入の方にはもれなくついてくるので
あわせて御検討ください、笑。


>ジュエリーサロン鶴





2012.01.19

あたらしいデザインの試み。

IMG_4408.jpg

現在制作中の栗材のキッチンも
まもなく完成となります。
新年はじまってからいろいろな仕事を進めておりますが
昨年末から続けているキッチンの仕事は
年明け一番の大きな仕事でもありますが
なによりこれまでにない新しい試みに取組んでいる事で
思いもまた深くなっています。

昨年、人間の活動をふりかえる機会が非常に多く
自分の仕事、無垢の木でものを作る事についても
あらためて考える事が多かったのですが
素材らしさ、その素材でなければできないこと
その欠点を知ったうえで長所を活かすこと
今年はますます大切にしていきたいと思っています

このキッチンはそうした意味で
今の考えを表現してくれるといいなと考えています。



2012.01.16

栗材キッチンの制作が続いています。

DSC_0926.jpg

日常でつかわれる家具。
高気密高断熱化される住宅において
無垢材の家具、特に収納の家具は過酷な状況に晒されます。
プライウッド、パーティクルボード、ツキ板張構造などは
不可欠な要素となってきました。

その用な状況の中で
私はあえて無垢材のみでつくるキッチンキャビネットの制作にトライをしています。
無垢材の魅力、天然素材の安心感は
欠点を含みつつもそれを補うに足る長所をもっていると信じています。

制作にも、使用中のお手入れにも手間がかかります。
けれどそこを省かない。省かないことで得られる豊かさがある。

日々そのように想いを強くする社会情勢のなか
自分が取組むべき仕事に新年早々から邁進できることに
歓びと感謝を感じています。




2012.01.10

オンラインショップのお客さまよりカッティングボードの写真を送って頂きました。

201201110_1.jpg

201201110_2.jpg昨年、online shopにてバゲット用の長いカッティングボードをご注文くださったお客様から素敵な写真をいただきました!

ブラックウォルナットで作らせて頂いたこのカッティングボード。その色と艶やかで堅い雰囲気の質感が独特の存在感があると思うのですがお客様のディナーテーブルでお使いいただけて本当に嬉しく思いました。

ホームパーティの時などに、パンやチーズやフルーツ、プロシュートなんかを
盛りつけてテーブルウェアにできたら便利だろうなと思って作ったこの作品、実際にこのようにお使いいただける事に、改めて感謝しています。

無垢材を一枚板で削りだすカッティングボード。
現在模様替え中のonlineShopでもまもなく新作がでますのでご覧頂ければと思います。



[ お客様の声 ]

«  前へ   16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26   


PAGE TOP